Download 鯉江良二物語 無料のePub

Download 鯉江良二物語 無料のePub, 鯉江良二物語 , オンラインで書籍をダウンロードする Download 鯉江良二物語 無料のePub 無料で, 本の無料読書 鯉江良二物語 オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 鯉江良二物語 書籍のPDFまたはエパブ無料

鯉江良二物語
書籍の説明

  • ファイル名: Download 鯉江良二物語 無料のePub
  • ISBN : 47514786
  • リリース日 : 1 11月 2020
  • ページ数 : 41 ページ
  • 著者 : 梅田 美津子
  • 作成者情報 : 梅田 美津子
  • エディター : 独立した出版社

 

無料で電子ブックをダウンロードするために登録する必要があります.

 

書籍の説明

2020年8月惜しまれつつもこの世を去った陶芸家、鯉江良二。長年寄り添った画廊主だから描けた、稀代のアーティストの横顔。

「土を母に、火を父に生まれた野生児、
良二にこの本で久しぶりに会えた。」
──谷川俊太郎 氏・帯コメントより

鯉江良二は1938年、歴史ある窯業の地として知られる愛知県常滑市に生まれた。アルバイトにより右手指2本の第 1関節を失うも、高校でやきものの基礎を学びタイル制作会社に入社、タイル製造などに関わった後に、陶芸の道に進 む。現代日本陶芸展や朝日陶芸展に出品し入賞。71年に名古屋市の栄公園で自身の顔を型取ったマスクに砂を詰めて 並べた作品「土に還る」を発表して陶芸界に新風を巻き起こしてからは、陶芸家・現代美術家として国内外でその名を 広めた。90年代以降は、愛知県立芸術大学で教鞭を執る他、世界中でワークショップを開催するなど、積極的に学生 の指導にもあたった。
本書は、ギャラリストとして鯉江と共に歩んできた梅田美津子(ギャラリー器館 店主)が、破天荒なその作陶生活 を綴ったエッセイ。

こいえ・りょうじ
1938年愛知県常滑市生まれ。57年愛知県立常滑高等学校窯業科卒業。62年常滑市立陶芸研究所に入所、66年同研究所を退所、陶芸家として 独立。陶芸家・現代美術家として国内外で高い評価を受けている。92年愛知県立芸術大学美術学部陶芸科教授に就任、2004年退職。12年に体調を崩し制作を休 止、13年に食道癌手術の後遺症で声を失う。現在は病気療養に専念。
主な受賞: 1962年現代日本陶芸展課題作品入賞、63~69年朝日陶芸展入選(毎年)、72年第3回バロリス国際陶芸ビエンナーレ展国際名誉大賞受賞、93年日本陶磁協会賞受賞、2001年織部賞受賞、05年中日文化賞受賞、08年日本陶磁協会金賞受賞。
主な個展: 96年「鯉江良二展《地⇄人》」(岐阜県美術館)、08年「鯉江良二展─思う壺」(パラミタミュージアム)、10年個展(イギリス、ギャラリーベッソン)、15年「鯉江良二展─土に還る それ以前・それ以後─」(愛知県陶磁美術館)、19年個展(銀座 黒田陶苑)。本書著者が店主を勤めるギャラリー器館では頻繁に個展を開催している。その他、国内外の展覧会、グループ展に多数出品。

jpnbooks.com で無料で本のPDF 鯉江良二物語 によって 梅田 美津子 をダウンロードしてください。ここでは、余分なお金を費やすことなく、無料でPDFファイル形式でこの本をダウンロードすることができます。鯉江良二物語 PDFを無料でダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です