海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー

on Leave a Comment on 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー

海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー

海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー, 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系, オンラインで書籍をダウンロードする 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー 無料で, 本の無料読書 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 書籍のPDFまたはエパブ無料

海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系
書籍の説明

  • ファイル名: 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDF 電子書籍 フリー.
  • ISBN : 2178840
  • リリース日 : 16 1月 2020
  • ページ数 : 66 ページ
  • 著者 : 綿貫 豊
  • 作成者情報 : 綿貫 豊
  • エディター : 独立した出版社

 

無料で電子ブックをダウンロードするために登録する必要があります.

 

書籍の説明

商品の説明
出版社からのコメント
2020年7月から、プラスチックごみ削減のためにレジ袋が有料化されました。
これには海洋プラスチックによる海の生態系の破壊が関わっていますが、本書では、プラスチック排出をはじめとする人間の経済活動が、海を餌場にする海鳥にどんな影響を、どの程度与えているかについてデータをもとに徹底的に解明します。

海鳥は海で餌をとり陸で子育てをして、さらに遠く離れた繁殖地と非繁殖地を行き来する「渡り」を行う特殊な生態を持っています。彼らは海で得た栄養を陸上に糞として排出し陸の生物に栄養を与え、その糞は人間の畑でも肥料として使われ重宝されてきました。
しかし、海鳥の数はこの60年間で3分の1に減少してしまいました。

減少の原因は、漁業の混獲、ごみや重油による海洋汚染から、人間が海鳥の繁殖地に持ち込んだネコ、再生可能エネルギーとして注目される洋上風力発電まで多岐にわたり、共通しているのはどれも人間由来であることです。それを踏まえて、どうすれば海鳥のストレスを和らげ、生息数を回復させるかが本書のテーマとなっています。
さらに、本書の面白いところは、海鳥の魚群探査能力や広範な海域を利用する生態を利用して、海洋生態系全体の保全に役立てようとしている点です。
いかにして生物を守り未来へつなげるか、本書を読めば前向きに考える姿勢も得られることでしょう。
著者について
長野県生まれ。北海道大学大学院1987 年修了(農学博士)。
国立極地研究所助手、北海道大学農学部准教授を経て、現在、北海道大学大学院水産科学研究院教授。
圧倒的な数と密度で繁殖し、想像を超えた身体能力で海と空を制覇した海鳥たちに魅せられ、
世界各地の孤島(南極、スバルバール、スコットランド、タスマニア、ベーリング海、天売島など)でその行動や生態を研究してきた。
現場での観察の中から新しい問題を発見する瞬間に最も強い喜びを感じる。趣味は山歩きと樹木の観察と山菜採り。
著書は、『海鳥の行動と生態─その海洋生活への適応』(生物研究社)、『ペンギンはなぜ飛ばないのか?─海を選んだ鳥たちの姿』(恒星社厚生閣)、『海鳥のモニタリング調査法』(共著、共立出版)など。

jpnbooks.com で無料で本のPDF 海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 によって 綿貫 豊 をダウンロードしてください。ここでは、余分なお金を費やすことなく、無料でPDFファイル形式でこの本をダウンロードすることができます。海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系 PDFを無料でダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です